profile

keiko imaizumi  
今泉圭姫子(恵子改め)  Keiko Imaizumi
  
12月8日 埼玉・鳩ヶ谷生まれ 射手座のB型

湯川れい子氏のラジオ番組「全米トップ40」(現ラジオ日本)の
アシスタ ントDJオーディションに合格。アシスタントとして番組に出演。
翌年、大貫憲章氏との「全英Top20」(ラジオ日本)がスタート。
その他大貫氏とのワイド番組「サウンド・プロセッサー」、 
「恋するスタジオ・ザ・ポップ」、福田一郎氏との「フリーロード電リク」
(ラジオ日本)、 「ロック・オブ・ザ・ワールド」 (FMヨコハマ)などを担当。

テレビではテレビ東京「おはようスタジオ」の洋楽コーナーを、
また、氷室京介のソロ・デビューに際し、アメリカのアーティスト、
チャーリー・セクストンのコーディネーターとしてレコーディングに参加。

1988年、ジャーナリスト・ビザを取り、一年間渡英。雑誌のアーティスト・インタビューなど執筆業及び、BBCのDJ、マーク・グッデイアーと組み、
ロンドン制作による「ロンドン・コーリング」(FM富士)を担当。

帰国後は、音楽雑誌の執筆、TOKYO FM「カタクリコ・ホット・ライン~
ゴールド・ラッシュ」、 FMヨコハマ「スーパー・サウンド・ジャム」、FM富士「オン・ザ・レディオ」、 TOKYO FM
「エモーショナル・ビート・パート2」 「ソニー・ ユーロ・ウエイヴ」、15年続いた FMヨコハマ「ダンシング・
グルーヴ」、 「アジアン・グルーヴ」、Cross fm 「Cross Pop Beat」などを担当。

また、韓国アーティストの日本語歌詞も担当。これまでに、シンファ、S、イム・ヒョンジュ、ソン・シギョンを手がけた。 他に、CDライナーなども執筆。また著書には「デュラン・デュラン~プラネット・アースから来た少年達(共同通信)、「ロンドンわがままチェック」(シンコー・ミュージック)がある。
95年、エピック・レーベルから本人監修、構成による80年代ヒット・オムニバスCD「ユーロ・ウエイヴ」を発表。

1997年、ラジオ番組制作、CD企画プロデュース、雑誌監修など活動の場を広げるため(有)リフレックスを設立(のちに株式会社リフレックス)。 現在も、FM Yokohama「Radio HITS Radio」のDJをしながらラジオ制作会社として、さまざまな番組に携わっている。

2006年、フラワー・アレンジメント・ビジネスReflex Flowerを開始。

2012年、株式会社リフレックスは、株式会社L.LovesR.(エル・ラヴズ・アール)のReflex Entertainmentとして活動。

2015年8月、株式会社リフレックスを再始動。新たな気持ちで、エンタテインメント・ビジネスの場を広げている。


Keiko Imaizumi
The Place of Birth: Saitama, Japan
The Date of Birth: Dec 8th

Keiko Imaizumi (aka Radio DJ Snoopy) started her career as an assistant DJ for the radio program ”All American Top 40”, presented by Reiko Yukawa, music critic on Radio Nippon (former Radio Kanto).

On the following year, she had a team with Kensho Onuki, music critic in order to present the radio program called “All British Top 20” on Radio Nippon, and they continued to present the following radio programs such as “Sound Processor”,“Koisuru Studio the Pop”. Later on she was offered by several other radio programs. Furthermore she was involved in the recording as a coordinator for Charlie Sexton, for Kyosuke Himuro’s first solo album.

In 1988, she flew to the UK with a journalist visa and lived in London for a year. During her stay in London, she had a team with DJ Mark Goodier of BBC Radio and hosted the program “London Calling” on FM Fuji produced by BBC London. She also interviewed several artists and wrote some articles for the music magazines in Japan.

Ever since she came back to Japan, she has been writing articles for music magazines and for mobile phone sites regularly as well as liner notes for CD’s. The main radio programs include “Katakuriko Hot Line~Gold Rush”, “Emotional Beat Part2”and Sony Euro Wave” on Tokyo FM, “Cross Pop Beat” on Cross FM, “On the Radio” on FM Fuji and “Super Sound Jam”, “Dancing Groove” and “Asian Groove” on FM Yokohama, especially “Dancing Groove” was one of the long duration programs which was supported for 15 years.

In addition, being familiar with K-Pop, she has written Japanese lyrics for Korean artists, including Shinhwa, S, Lim HyungJoo and Sung SiKyung. Moreover, Keiko Imaizumi is the author of “Duran Duran-Boys From Planet Earth” which was published by Kyodo Tsushin and “London Wagamama Check” by Shinko Music. Apart from that, she collaborated with Epic label and released a CD called “Euro Wave“ in 1995 which was an 80’s hits selection supervised by her.

In 1997, she established Reflex Company Ltd., a company in Japan involved in the producing of radio programs, artist management, music publishing and record production. She has been dealing not only as Radio DJ Snoopy for various radio programs such as “Radio HITS Radio” on FM Yokohama, but is also involved with other radio programs as a radio production company ever since.

Furthermore, as an another aspect of Reflex, she is also involved in a flower arrangement business called Reflex Flower, an order made flower arrangement service mainly for supplying flowers for artists.

▲page top