We❤️韓ドラ-OSTヒッツ・コレクション

ついに発売になりました。

「We❤️韓ドラ-OSTヒッツ・コレクション」!

みなさまに、順調にCDの存在が浸透しているようで嬉しいです。

2020年の春、Sony Music Labelsの佐々木洋さんから、社内で企画が通ったら、

ぜひ一緒に仕事を〜という連絡が来て、その後、意外にも、早く会社からのGoが出て、着手しました。

韓国の受け入れ先を探すところから始め、まったくコネもなく、ごめんください、と門を叩くかのように

始めたプロジェクトでした。

ラッキーなことに、企画を受け入れてくれたGenieミュージックの方々が、

とても前向きに事を進めてくださり、トントン拍子と言っても、やりとりには時間がかかりましたが、

楽曲許諾で毎日のように韓国と連絡を取り合い、通訳を担当してくれたイ・ミレちゃんと3人で、

チームのように動き、韓国ビジネスにしてはスムーズな展開になりました。

許諾前の選曲の段階では、佐々木さんと私はドラマ情報を調べ上げ、スタジオドラゴン作品のドラマから

作品を絞り込み、OST楽曲も1作品に3、4曲ピックアップし、そこから2曲に絞り込み、と言った作業も

気が遠くなるような時間でした。

私よりも佐々木さんが細かくドラマ、OSTをチェックしてくださいました。

私は運良く(笑)、ほぼドラマは見ていたので、頭の中に埋もれた記憶を呼び戻すだけでしたが・・・

もちろん、収録したくても、収録できないドラマ作品もありました。

じゃあ、これはどうか、これではダメか、とグイグイとプッシュした成果が、

今の18作品36曲です。

嵐表紙のananにCDの広告を見たときは、とても興奮したし、

いろいろな方が Blogなどで取り上げていただき、感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

「よく発売にこぎつけたね」との意見が多かったですが、制作中は、佐々木さんも私も

なんだか夢見ているようで、マイナス要素をまったく考えていなかったかもしれません。

楽しく仕事が進められた、という言葉がぴったりです。

元旦には、また大きな媒体でガツーンと広告が出るそうです。

すごいぞ、「We❤️韓ドラ-OSTヒッツ・コレクション」!

第2弾の話もチラホラ聞かれますが、

まずはこの愛おしい作品をみなさまに聴いていただくことから始めたいと思います。
 
→Sony Music のページはこちら

welovekandora

    前の記事

    イアン・ミッチェル